このブログは管理人が面白い!と思った
漫画や、無料で読める漫画を紹介したり
その他漫画に関することを記事にする
ブログです!
「タイトルは知ってるけどどんな漫画かしらない」
「面白いのかわからない」
なんて人におすすめです!

リンクフリー!!
相互リンク募集しているので気軽にコメントかメッセージください!

2014年01月30日

試し読み ワールドトリガー

ワールドトリガー.jpg
作者:葦原大介
出版社:集英社
掲載誌:週刊少年ジャンプ
巻数:3巻〜
ワールドトリガー試し読みはこちら(集英社マンガネット)


ワールドトリガー試し読みはこちら(ニコニコ静画 ワールドトリガー試し読みセレクション)

ワールドトリガー試し読みはこちら(ジャンプブックストア)

今回紹介するのは「ワールドトリガー」です
あらすじ
『こちら側の世界』とは全く異なる技術を持った、異次元からの侵略者・近界民(ネイバー)。
蹂躙しはじめた奴らに対し、突如謎の一団が姿を現す。
彼らは、近世民(ネイバー)を撃退しこう言った。
「こいつらのことは任せて欲しい」、「我々はこの日のためにずっと備えてきた」と。
その後、近界民(ネイバー)から『こちら側の世界』を守るための組織、界境防衛機関『ボーダー』を
立ち上げる。
それから4年後、『ボーダー』のC級隊員で高校生の三雲 修のクラスに
転校生・空閑 遊真がやってくる。
実は、遊真は近世民(ネイバー)で、嘘を見抜く不思議な少年だった。
修が、遊真と出会ったことにより歯車は回り始める。


ワールドトリガーでは、近界民(ネイバー)が通常の兵器が効かないために『トリガー』と呼ばれる武器を使って戦います。
『トリガー』は、刀だったり銃だったりと様々な形式があり
その中にも散弾式だったり、当たった相手にペナルティを掛けれるものがあったりと
無限大に広がる、トリガーでの熱い戦闘が面白いです!
また、未だにその全貌が明らかになっていない近界民(ネイバー)達についても
今後が楽しみです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ





ファンタジーまとめへ戻りたい方はこちら

   
                                                          Amazonワールドトリガー検索結果
                                                 

posted by ぱぴぷぺもこ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 試し読み漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

試し読み 弱虫ペダル

弱虫ペダル.jpg
作者:渡辺航
出版社:秋田書店
掲載誌:週刊少年チャンピオン
巻数:32巻

弱虫ペダル試し読みはこちら(ソク読み)

弱虫ペダル試し読みはこちら(秋田書店)

今回紹介するのは「弱虫ペダル」です
あらすじ
主人公・小野田坂道は、アニメやゲームが大好きで秋葉原へ自転車で通うほどのオタク少年だった。
秋葉原へ行くために鍛えられた脚力で
学校裏の斜度20パーセントを超える坂をアニソンを歌いながらママチャリで登る、坂道。
彼は、ママチャリで坂を登る姿に衝撃を受けた同級生のロードレーサーである今泉から、自転車レースを挑まれる。
この勝負によって、スポーツとは無縁だった坂道に一輪の花が咲き始める。


どんなに劣勢でも諦めないし、突き放されても笑顔で追いかける坂道が
ただひたすらゴールへ向かう姿は励まされます!ヽ(・∀・)ノ
また、勝利のためなら人の傷口も抉っちゃうような御堂筋くんを筆頭に
キャラクター達が濃ゆいこと!
そんなキャラクター達が勝利のために作戦を立てたり、チームのために犠牲になっていく姿は
胸を熱くさせますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ロードレースの漫画は見たことがなかったので新鮮で面白いですヽ(´▽`)/





スポーツ・格闘漫画まとめに戻りたい方はこちら

   
Amazon弱虫ペダル検索結果
                                                                                    
posted by ぱぴぷぺもこ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 試し読み漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試し読み グラゼニ

グラゼニ.jpg
作者
原作・原案:森高夕次
   作画:アダチケイジ
出版社:講談社
掲載誌:週刊モーニング
巻数:13巻〜

グラゼニ試し読みはこちら(ソク読み)
グラゼニ試し読みはこちら(モアイ)
グラゼニ試し読みはこちら(講談社コミックプラス)

今回紹介するのは「グラゼニ」です
プロ野球のスパイダースに所属する凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている略して「グラゼニ」を胸に夏之介は今日も奮闘する。

華やかに見えるプロ野球だけど
もちろん年俸が億の人もいればその何分の1の人もいて、劣等感を感じたり
将来性に不安を感じたりするけど自分なりに奮闘している姿に励まされます!
登場人物達は、お金が絡んでるだけあってスターなんてイメージに反して、人間臭いのがいいですね
超高校級の怪物が出てきて、強豪校と死闘を繰り広げるような漫画も面白いですが、こういう漫画も中々面白いと思いましたヽ(・∀・)ノ
スポーツ漫画まとめに戻りたい方はこちら


 
Amazonグラゼニ検索結果
                                        
posted by ぱぴぷぺもこ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 試し読み漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試し読み 風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ.jpg
作者:宮崎駿
出版社:徳間書店
掲載誌:アニメージュ
巻数:全7巻
試し読みができるサイトが見当たらなかったので文字だけでご紹介

今回紹介するのは「風の谷のナウシカ」です
文明を崩壊させた「火の7日間」という最終戦争から1000年、激しく汚染された大地に異形の生態系(巨大な菌類の森「腐海」や、腐海を守る「蟲」と呼ばれる巨大昆虫たち)が出現し、腐海の放つ瘴気に人々が怯える荒廃した世界が描かれている。この世界に存在する、トルメキアと土鬼(ドルク)という敵対する二大列強国と、その辺境地にあるトルメキアの同盟国「風の谷」および、工業都市ペジテ市が主な舞台となっている。風の谷の族長であるジルは腐海の毒に侵されて病床にあり、父の代理で国を治める16才の娘「ナウシカ」が主人公である。


「風の谷のナウシカ」といえば、その人気から金曜ロードショーで放送される回数が多かったり、ジブリ映画として名前を挙げられることが多いので、
ご存知の方は多いと思いますヽ(・∀・)ノ

しかし、漫画版を見たことがあるという方は少ないのではないでしょうか?
私は、是非漫画版も見て欲しいと思います!
そうストーリーはまだ終わっていないのだから。

ネタキャラだったクワトロが根性見せて
「こいつ中々やるやん!ヽ(`Д´)ノ」なんて思わせてくれたり
映画にはいなかった、土鬼や森の人等のキャラクター達には
考えがあり考えさせられるものがあり面白いですね
なんといっても
7巻なのに内容が濃く感じたのがいいですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ
私が言うのもなんですが
宮崎駿さんが天才ということを改めて痛感しました(´・ω・`)


SF漫画まとめに戻りたい方はこちら

  

                       
Amazon風の谷のナウシカ検索結果
posted by ぱぴぷぺもこ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 試し読み漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

試し読み 七つの大罪

七つの大罪.jpg
作者:鈴木央
出版社:講談社
掲載雑誌:週間少年マガジン
巻数:6巻〜
七つの大罪試し読みはこちら(講談社コミックプラス)
今回紹介するのは「七つの大罪」です
あらすじ
ブリタニア一の大国・リオネス王国は、聖騎士たちによる『聖戦』のための軍備強化、更に増長した彼らの横暴によって荒れに荒れていた。国の現状を憂いた第三王女エリザベスは、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団『七つの大罪』に救国の助力を願うためひとり旅立つ。実りのない旅の果てに辿り着いた酒場でついに追っ手に捕まってしまったエリザベスは、その酒場の主人である少年メリオダスに救われる。彼こそ『七つの大罪』の団長、『憤怒の罪のメリオダス』だった。メリオダスもまたかつての仲間を探し放浪の途中であると告げ、二人はリオネスの未来のため旅路を共にすることになる。


王道バトルファンタジー漫画という事で
街を破壊するようなつええ奴が出てきたり
喋る不思議な豚が出てきたりしちゃうんですね
「どんな冒険が待っているんだ?」「どんな強い奴が出てくるんだ?」
と、まるで少年のように楽しんでいる自分がいます┌(┌^o^)┐
また、絵が見やすくて話も分かりやすいのがいいですねヽ(・∀・)ノ





ファンタジーまとめへ戻りたい方はこちら


 
           
posted by ぱぴぷぺもこ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 試し読み漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする